みんな大好きな餃子について

みんな大好きな餃子について

みんな大好きな餃子について

日本において餃子はすべての人に愛されていおり、スーパーやお店でたくさん売られていて、多くの人に食されています。
日本では焼くことが主流となっていますが、調理の方法は実に様々で、蒸す、茹でる、揚げるといった方法があります。
日本国内で初めて食べられたのは江戸時代とされています。
しかし、一般大衆にも食べられるようになったのは第二次世界大戦の後からです。
もちろん、冷凍されているものや焼きあがった完成品を楽しむことができますが、やはり家で作ったほうが美味しく食べることができます。
具材は様々で人によっていろいろですが、基本的に豚肉・ニンニク・生姜・にら・ネギ・キャベツなどです。
特に日本では、ニンニクとにらは欠かせない具材と言えるでしょう。
皮に関しても市販のものでも十分美味しいですが、自分でつくるとアレンジができてより一層楽しむことができます。
今は、インターネットで簡単にレシピを検索できます。
しょう油とラー油で食べる人もいれば、お酢だけという人もいて食べ方に関してもいろいろあります。
日本で餃子と言えば、栃木県宇都宮市を上げることができます。
宇都宮市では「宇都宮餃子祭り」が町おこしの一環として毎年行われており、大勢の人が県内だけでなく県外からも訪れています。
ぜひ、一度行ってみるのはいかがでしょうか?

中国と日本の餃子の違い

水を加えた小麦粉を薄くのばした皮で肉や野菜、魚介類などを包んだ料理のことを餃子と言い、焼く、揚げる、蒸すなど様々な調理方法が存在します。
中国では「チャオズ」と呼ばれ、春秋時代から食べられてきました。
華北では主食の一つであり、皮が厚めで茹でて食べられるのが特徴です。
縁起物としても親しまれており、春節や大晦日に食べる習慣があります。
具は白菜と豚肉が主流ですが、他に牛肉やロバ肉、フカヒレなどが入ったものも存在します。
日本では徳川光圀が初めて食べたと言われており、明治時代には既に中華料理店で供されていました。
しかし当時は馴染みの薄い食べ物であり、料理の内容に関する解説が必要なほどでした。
第二次世界大戦後に大陸からの引揚者によって広く普及するようになり、家庭でも作られるようになりました。
なお、日本では焼き餃子が主流であり、主食ではなくおかずとして食べられることが多いのが中国との違いです。
また、日本では白菜ではなくキャベツが用いられることが多く、中国とは異なりニンニクが使われることも多いです。
宇都宮市や浜松市など、餃子を使った町おこしを行っている自治体も複数存在します。
韓国では「マンドゥ」と呼ばれ、中国式に近いです。

おすすめWEBサイト 5選

バリ島から直輸入家具や雑貨のライフスタイルショップ。

大阪の家具屋

孤独死の特殊清掃やゴミ屋敷のお片付けなどでお困りの方も安心料金を無料お見積り!

遺品整理 相模原

人気のオフィスビルの賃貸情報の検索が可能です。

貸事務所 新宿

バッテリー交換、水没復旧なども即日対応致します!

iPhone修理 千葉

昔の古いもの買取から販売まで、幅広く承ります。

名古屋市の骨董品買取店

Last update:2016/5/26

『餃子』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/km6et1un/public_html/spielekostenlos.biz/index.html on line 55